裁判離婚

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)(北海道札幌市)|裁判離婚

  1. 弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所) >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 裁判離婚

裁判離婚

協議離婚でも家庭裁判所による調停でも決着がつかない場合、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになります。訴訟を提起してする離婚を「裁判離婚」といいます。

裁判離婚を行うには、民法で定められた「法定離婚原因」が必要となります。法定離婚原因とは、離婚するために必要な原因のことで、夫婦間の合意ではなく裁判で離婚を決定するには、法定離婚原因がなければ離婚することができません。

法定離婚原因には以下の5つがあります。(民法第770条1項各号)

①配偶者に不貞な行為があったとき。
②配偶者から悪意で遺棄されたとき。
③配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

浮気や不倫が原因の離婚の場合には、①不貞行為を離婚原因として離婚することが多いですが、不貞行為を理由に裁判離婚を提起するには、その証拠が必要となります。証拠収集には時間と戦略が必要となるため、裁判離婚までお考えの場合にはお早めに弁護士までご相談ください。

弁護士土門敬幸は、北海道を中心に、離婚、交通事故、債務整理、ネットトラブル、刑事、相続などについての相談を主に行なっております。
初回の相談については、無料で承っておりますので、お困りの際は、是非当事務所までご相談ください。

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)が提供する基礎知識

  • 強盗

    強盗

    強盗罪(刑法236条)とは、暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取す...

  • 名誉棄損

    名誉棄損

    インターネット上ではメディアでなくても、すべての人が自由に発言でき...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償とは、加害者に求められる民事上の責任です。 損害賠償はま...

  • 詐欺

    詐欺

    詐欺罪は、振り込め詐欺、結婚詐欺、無賃乗車・無銭飲食など様々な種類...

  • 自己破産

    自己破産

    自己破産は、破産法という法律に則って手続きが進められます。 破産法...

  • 調停離婚

    調停離婚

    協議離婚が成立しなかった場合、訴訟を提起する前に、家庭裁判所へ離婚...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故は、加害者だけでなく被害者にも過失がある場合が少なくありま...

  • 誹謗中傷

    誹謗中傷

    インターネット上でプライベートな情報を暴露される、明らかにうその情...

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害とは、交通事故による怪我が完治せず、後遺症が残ってしまった...

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)の主な対応地域

札幌市、北広島市、江別市、小樽市、石狩市、恵庭市

ページトップへ