遺産の使い込み

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)(北海道札幌市)|遺産の使い込み

  1. 弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所) >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺産の使い込み

遺産の使い込み

他の相続人に遺産を使い込まれてしまった場合、民法の規定に基づいてその金額の返還や賠償を求めることができます。具体的には、不当利得返還請求や、不法行為に基づく損害賠償請求を行うことができます。

■不当利得に基づく返還請求(民法703条)
不当利得返還請求とは、相手方が不当に得た利益を返還させる請求です。民法では、以下のように規定されています。

第703条
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

つまり、①法律上の原因がないこと、②相手方の受益、③請求者の損失、④受益と損失の因果関係の4つの要件を満たすことが必要になります。

■不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)
不法行為に基づく損害賠償請求とは、相手方の不法行為によって生じた損害に対し、賠償を求める請求です。民法での規定は、以下の通りです。

第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

要件は、①(相手方の)故意または過失、②権利侵害、③損害の発生、④権利侵害と損害の因果関係の4点です。

■703条、709条の違いは?
不当利得、不法行為のいずれも、立証の難易度は変わらないといわれています。ただし、時効の期間には違いがあります。不法行為では、行為から3年間請求しないと時効となります。不当利得では、通常の債権の時効と同様、10年間の期間が設けられています。

使い込みが長期にわたっている場合などでは、不当利得を選択することが多いです。

札幌アメジスト法律事務所では、札幌市中央区を中心に法律相談を行っております。遺言の作成方法がわからない、相続をどのように進めていけばいいか戸惑っている、相続税を節約したいなど、相続問題でお困りの方はお気軽にご相談ください。初回相談は無料で行なっています。

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)が提供する基礎知識

  • 面会交流権

    面会交流権

    ■面会交流権 面会交流権とは、離婚により子どもと別居した側の親に認...

  • 損害賠償

    損害賠償

    損害賠償とは、加害者に求められる民事上の責任です。 損害賠償はま...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談とは、損害賠償について被害者側と加害者側が話し合い合意すること...

  • 遺産の使い込み

    遺産の使い込み

    他の相続人に遺産を使い込まれてしまった場合、民法の規定に基づいてそ...

  • 遺産相続のトラブル

    遺産相続の...

    遺産相続のトラブルとして起こりやすいのが、不動産に関わるものや相続...

  • 離婚費用分担請求

    離婚費用分担請求

    婚姻費用とは、夫婦の生活費や養育費など婚姻生活を維持するために必要...

  • 死亡事故

    死亡事故

    死亡事故とは、不幸にも人が亡くなってしまった事故をさします。 死...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故とは、交通事故の中でも人の怪我がなかった事故をさします。 ...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    監護権とは、子供の住む場所を指定し、身の回りの世話や教育、しつけを...

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)の主な対応地域

札幌市、北広島市、江別市、小樽市、石狩市、恵庭市

ページトップへ