契約書チェックに関する記事一覧

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)(北海道札幌市)|契約書チェック

  1. 弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所) >
  2. 契約書チェックに関する記事一覧
契約書チェック

ビジネスにリスクは付き物です。
だからこそ、常にリスクを点検し予期せぬトラブルを防止することが大切です。

トラブルを未然に防ぐために効果的な手段が、「契約書」のリーガルチェックです。

私たちがビジネスシーンで契約を結ぶとき、取引基本契約書や秘密保持契約書、業務委託契約書など数多くの書類を日常的に取り交わしています。中小企業で多くみられるのは、そうした日々の業務で用いる契約書を十分に確認せずサインをしたり、インターネット上に公開されているテンプレートの契約書をそのまま用いてしまっているというケースです。

契約書は「問題が起きていないから大丈夫」というものではありません。
万が一、納品した製品にクレームが入ったり、社員が機密情報を漏洩してしまった場合など問題が起こった時に契約書の内容が大きな意味を持つことになるのです。

例えば、契約書の中に「すべての責任はA社が負うこととする。」と一文でも入っていれば、何か問題が発生した場合には原則としてA社が全責任を負うことになります。つまり、巨額な損害賠償もすべて請け負うことになるということです。それほどまでに契約書に記載された内容というのは、強い力を有しているのです。

契約書は、締結する契約の規模の大小に関わらず、すべての企業に共通する重要な法的課題の1つとなります。そのため、法律家が専門的な視点から契約書をチェックすることで円滑に取引を進めることができるのです。

札幌アメジスト法律事務所は、北海道札幌市・北広島市・江別市・小樽市・石狩市恵庭市を中心に、皆さまからのご相談を承っております。
契約書のリーガルチェックでお悩みの際は、当事務所までご相談ください。
弁護士 土門 敬幸が、皆様のお悩みを解決いたします。

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)が提供する基礎知識

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    協議離婚でも家庭裁判所による調停でも決着がつかない場合、家庭裁判所...

  • 暴行・傷害

    暴行・傷害

    暴行罪は刑法208条に規定されています。「暴行」とは、『他人の身体...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故は、加害者だけでなく被害者にも過失がある場合が少なくありま...

  • 面会交流権

    面会交流権

    ■面会交流権 面会交流権とは、離婚により子どもと別居した側の親に認...

  • 財産分与

    財産分与

    離婚に伴う財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に協力して形成した財産を離...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、満20歳に満たない者が、犯罪を起こした、今後起こす恐...

  • 強姦・わいせつ

    強姦・わいせつ

    強制性交等罪(刑法177条)の犯罪が成立するための要件としては、「...

  • 窃盗・万引き

    窃盗・万引き

    窃盗罪(刑法235条)とは、誰かの物を自分のものにしてしまう(誰か...

  • 相続放棄

    相続放棄

    ■相続放棄とは 相続放棄とは、相続権の一切を放棄する意思表示です(...

弁護士 土門 敬幸(札幌アメジスト法律事務所)の主な対応地域

札幌市、北広島市、江別市、小樽市、石狩市、恵庭市

ページトップへ